西宮・神戸・大阪・芦屋・宝塚で出張撮影・ホームページ制作・グラフィックデザイン制作をしているLighthouse Photoの個別記事用ロゴ

Blog


こんにちは。
Lighthouse PhotoのYUSUKEです。
いつも、ライトハウスフォトのブログをご覧になっていただき、ありがとうございます。

先日、兵庫県の神戸にとある用事があり行ってきたのですが、もうめちゃくちゃ暑いですね!
ただ、歩いてるだけなのに汗がもう、止まらない・・・これ、地味に恥ずかしいやつです。。。
神戸に用事というのも、一応僕も個人事業を行っているので人との出会い・学び・発見をしたく、ある社長さんからのお誘いで、中小企業家同友会というのに参加させていただいているんです。
そこの、若手企業家の方たちが集まる例会に行ってきたんです!が、いや~いつも刺激的な出会いや学びがあり、ほんと全てに感謝です!!

さてさて、今日は『スマホサイトのような縦長のホームページ!シングルページサイトとは?』というタイトルで、書いていこうと思うのですが、皆さんはシングルページというのをご存知でしょうか!?
最近多くなってきた、シングルページはどんなものなのか?使い勝手はいいのか?
などについて書いてみようと思います。

出張撮影・ホームページ制作・グラフィックデザイン制作|LighthousePhotoブログイメージ写真

*ホームページ制作における、シングルページとは

最近、ホームページ制作というと結構このシングルページを見ることが多くなってきました。

たとえば、出先やデートとかでご飯屋さんを探していたり、髪の毛が大分のびてきたので切りに行きたいなとか、飲食店や美容室以外にも色々調べたりする機会は多いと思います。
今やどこにいても、スマホを取り出して簡単に調べることができると思います。

みなさんも経験ありますよね?

検索するとホットペッパーとか、ホットペッパービューティとか出てくると思うのですが、そこから更に気に入ったお店のホームページを見に行くこともあるんではないかなと・・・

そしたら、スマホ画面にピッタリサイズのホームページを見た事とかないでしょうか?
縦にスクロールしていって情報が全て、その1ページに収まっているサイトを・・・

これが、シングルページというやつです。

例え話が長くなってしまったんですが、シングルページは、その名の通り1ページで作られたホームページのことなんです。
スマホだとボタンをあちこちに配置すると、どうしても違うボタンを押してしまったり、下層ページと言われる、『メニュー』『お店の特徴』『スタッフ紹介』・・・など、コンテンツ毎にページを区切りすぎていると、迷子になっちゃったりするんです。

あれ・・?ここはどこだろう・・・?何が見たかったんだろう・・・・・?
みたいなやつです。
寝る前にスマホをいじってるとなるやつです。(僕だけ?)

もちろん、ちゃんと整理されたホームページで下層ページも分かりやすく、迷子になりにくい作りになっているホームページは別なんですが、そうでないとスマホだと特に迷子になりやすい・・・
それを解消するために、シングルページが出てきました。

*スマホ専用がシングルページ?

ん?これだと、スマホ専用のホームページなの?と思われるかもしれませんが、スマホだけではなくてパソコンでも同じように縦長のホームページとして制作してたりします。
昔みたいに何か調べたいことは、パソコンの前に張り付いて何時間も動けない・・・なんてことは、もうありませんよね?

今や、当たり前のように好きな場所でスマホで検索する。
パソコン用のホームページもスマホを意識して作っているほうが、別のお店?とかならないので、シングルページが普及してきているんです。

パソコンだと大きい画面でホームページを見ることができ、パソコンのほうが情報が入りやすい!って方もいらっしゃると思います。
スマホからホームページのアクセスが増えていると言われてはいますが、やっぱり今でもパソコンからの検索はしっかりありますからね!

ただ、スマホで見たときもパソコンで見たときも、見た目はほとんど変わらないので、お客さん目線で見るととても良いホームページなんです!

*良いこと尽くしのシングルページ!でも、注意も必要!!

シングルページは基本的には縦長の1ページなので、コンセプトや魅力、メニューや料金を分かりやすく載せていないとお客さんが、結局どういうこと?とか、気になる料金はいくらなの?ってなっちゃうので注意が必要です!

どうしても、載せておきたいコンテンツが沢山あるのであれば、シングルページの作りで必要な分だけ下層ページを設けるほうが、かえって分かりやすくなります。

ここの飲食店はメニューが豊富すぎてどれが売りか分からない・・とか、ここの美容室はカラーとパーマにこだわってる感じだけど、色々書いてあって他のお店との違いはなんだろう・・・
ってぐらいコンテンツが豊富であれば、そのこだわりのページだけを作り、下層ページでしっかり伝える!と言うようなホームページのほうが、かえって集客率アップにもつながりやすくなりますし、お客さんにも見てもらいやすくなります。

*ホームページ制作の良いとこ取りをしよう!

シングルページだから!と1ページに全部載せるのではなくて、お客さんにとって見やすく使いやすい作りかを考えて、下層ページを増やすべきか伝える言葉をまとめて1ページに収めるか、吟味して選んでいただくといいかと思います。

*まとめ

  • ・スマホで見たときと同じような縦長のサイトが、シングルページ
  • ・シングルページは1ページにコンテンツがしっかり載っている
  • ・ただ、必ずしも全てを1ページに収めるものではない
  • ・必要であれば下層ページを設けて、より詳しく伝える
  • ・最終的には、見てもらうお客さんに分かりやすく伝わりやすいものが良い

神戸|大阪|西宮|芦屋|宝塚
おうちスタジオ・お外スタジオ・出張撮影
ホームページ制作・グラフィックデザイン制作・アルバムデザイン制作

Lighthouse Photo・ライトハウスフォト

PHOTO

家族写真・七五三・お宮参り・ニューボーンフォト・マタニティフォト・ブライダルフォト

WEB DESIGN

ホームページ制作・シングルページ・グラフィックデザイン制作・アルバムデザイン制作

photographer
YUSUKE IWASAWA
info@lighthouse-photo.com
https://lighthouse-photo.com

Lighthouse PhotoのWeb デザイン

ライトハウスフォトでは、お店・会社の雰囲気やコンセプトを見てもらうお客様へ、しっかりと伝えることのできる『シングルページ』のホームページ制作をオススメしております。



美容室や飲食店などのお店をされている方や個人事業をされている方に、ピッタリのホームページ制作プランです。
ホームページの見せ方やブログの書き方で、ホームページからの集客は確実に上がります。



現在集客にお困りの方やアクセスアップにお悩みの方のために、いつでも分かりやすくお手伝いさせていただきます。


詳しく見る